オールワン型デビットを比較してみた。

昨今あらゆる点において便利なカード決済。
九州に在住している者としては全国的な見方はできないのであるが、
最近そういったことを考える機会があったのでついでに記事にする。
なおこの記事の情報は2018年11月26日現在のものであるため、
今後サービス提供会社によっては違いが生じてくる。

セブン銀行一体型
電子マネーnanacoとJCBデビット、
セブン銀行キャッシュカードがセットになったものが存在する。
セブンイレブンでの出し入れは無料であり、チャージは手動だが可能。
セブンイレブンしか利用しない人は一番便利。

ゆうちょ銀行ミジカ
単なるVISAデビット。だが一度チャージしたデビットを預金に戻せる。
チャージは手動だがスマホアプリがあるため便利。

三井住友銀行一体型
電子マネーiDとVISAデビットがセットになったもの。
iDはローソン、セブンイレブン、ファミリーマートどれでも利用可能。
チャージは銀行口座に入れるとiDでも反映される仕組み。
万が一落とした時などの心配はあるがとても便利。

ジャパンネット銀行一体型
電子マネーTポイントとVISAデビットがセットになったもの。
ヤフー関連の銀行であるため、そういったサービスを利用する際は便利。
手数料が月に1回のみ無料。

Dカードプリペイド
電子マネーiDとDポイント、マスタカードがセットになったもの。
ローソンとの相性がよくポイントが貯まる。チャージの方法も多い。

JR東日本スイカ
割とどこでも使えてコンビニでチャージができる。割と万能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です